人気ブログランキング |

「親子の日」 2011

「親子の日」 2011_c0187449_21124448.gif



今年もお手伝い行ってきました。


朝7時に恵比寿BBスタジオに集合、
すべての組を撮り終えたのは夜8時でした。
100組以上の親子たちを一日で撮影してしまう
ブルースさんのバイタリティーさすがです。
ベストの絵を残すまであきらめない姿勢は
見習いたいと思います。

来年はブルースさんが親子の撮影を始めてなんと30年、
スーパーフォトセッションは10回目を迎えます!
「親子の日」は確実に日本を元気にしてくれています!
もちろん、ぼくも元気をいただきました。



親子の日公式サイト
http://www.oyako.org/jp/oyakonohi/


ustream
ユーストリームも好評だったみたいですね。


ブルース・オズボーンさんのプロフィール

University of Pacific にて現代美術を、
Art Center College of Design にて写真を専攻。
Phonograph Record Magazine のチーフ・フォトエディターを経て
1980年に来日。
写真展「LA Fantasies」をかわきりに日本での活動を開始。
以来、テレビCF、広告写真、The Boom、B'z、Sophia、
Glay などの音楽CDなど多岐にわたる分野で活躍。
2002年、映像と音楽のユニット、Futon Logicを結成し、
国内外でライブ活動も行っている。
ライフワークとなる「親子」シリーズは、1982年に撮影を開始して以来、
すでに2,000組以上の親子を撮影している。

1984年、外国人特派員クラブにてはじめての「親子」写真展を開催。
その後も代官山ヒルサイドテラス、山梨県立美術館、大阪キリンプラザ、
横浜ランドマークタワー、大崎のステーションギャラリー、
金沢21世紀美術館、オリンパスギャラリーなど
各地で多数の「親子写真展」を行う。




<写真集、著書>
「親子」(デルボ出版)
「Oyako」(INKS INC. BOOKS)
「KAZOKU」(角川書店)
「反バンビ症候群」(ヒヨコ舎)
「ごめんなさい」(日本標準)
「異人都市東京」(シンコーミュージック)
「都市の遊び方」(新潮社)
「親馬鹿力」(岩崎書店)など

by yoshirohigai | 2011-07-25 21:48 | お知らせ

写真家 樋貝吉郎(ヒガイヨシロウ)が日々の暮らしや3板「スノーボード、スケートボード、超たまにスノースケート」をはじめバックカントリーのことを気ままに綴るフォト&コラム 。樋貝から最新のメッセージ「この滑りを何が何でも記録して欲しい! という撮影を希望するひとの連絡をおまちしてます」。お問い合わせ先 http://studiofishi.com


by yoshirohigai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31